創意工夫 求められるものを考える

現場の声をお届けします

Chêneau Brace の受注製作がスタートしました!

2016/10/07

当社では、第23回日本義肢装具士協会学術大会での演題発表および商業展示を経て、Chêneau Brace の受注製作を本格的に開始いたしました!

Chêneau Brace (シェノー・ブレイス)は1979年にフランスの外科医Dr.Chêneau によって考案された側弯症装具です。CAD-CAMを利用して修正・設計を行い、前額面・矢状面・水平面上のあらゆる箇所で3-point system が働いて矯正をかけることができるのを特徴としています。また、従来の側弯症装具に多い後ろ開き式ではなく、前開き式なので自己装着が容易であり、過度な腹圧がかからない設計となっている為、利用者様の受け入れも良好です。

CAD-CAMソフトを使い、パソコン上でモデル修正と装具の設計を行います。

CAD-CAMソフトを使い、パソコン上でモデル修正と装具の設計を行います。

受注製作の開始に先がけ、去る10月1日(土)に門真市民文化会館ルミエールホールにて、発注をご検討いただいている製作所様をお招きして「Chêneau Brace セミナー」を開催いたしました。セミナーは2部構成となっており、第1部で学術大会の展示ブースではお伝えしきれなかった装具の概要や理論について講義させていただいた後、第2部では採寸・採型にあたってのポイントの説明をし、参加者様による採寸の実技を行っていただきました。

セミナーの様子

セミナーの様子

ヨーロッパでは主流となっているとはいえ、日本ではまだまだ馴染みの薄いChêneau Brace。講義中はもちろん、採寸の実技の際なども活発な質問や意見交換が飛び交い、内容の濃いセミナーのなったのではないかと自負しております。

はじめてのセミナー開催ということもあり、当日は不慣れな点も散見いたしましたが、 参加者様からは「良いセミナーでした」「勉強になりました」とのお声をいただくこともできました。今後、第2回・第3回とセミナーを開催していき、数ある側弯症装具の中の選択肢の一つとしてChêneau Brace をご検討いただけるよう、スタッフ一同努力を重ねていきたいと考えております。

ページトップへ戻る