創意工夫 求められるものを考える

現場の声をお届けします

第20回日本義肢装具士協会学術大会(沖縄)に参加しました!

2013/07/29

会場の沖縄コンベンションセンター

会場の沖縄コンベンションセンター

年に一度開催される義肢装具士をはじめとして様々な医療関係職種の方々が参加、公演される学術大会に参加してきました。

 この大会では主に義肢装具士が携わった症例をはじめ、新しい機構や素材を用いた義肢や装具の紹介が演題形式で行われます。また医師やリハビリテーションスタッフ、最近では工学分野の先生方も義肢装具に関連する研究の成果を発表されます。

今大会のテーマは『温故知新』。日本の義肢装具を改めて見つめなおし、先人、先輩の知識・技術から生かせる何かを得ようというものでした。

 展示ブースもあり各メーカー、当社のような義肢装具製作会社が自社の製品や開発中の部品の展示、デモンストレーションを行ったりします。

今回の学会では多くの義肢装具士養成校の学生さんも参加され、活発に質問されておられました。

オットーボック社の義足膝継手のデモンストレーションの様子

オットーボック社の義足膝継手のデモンストレーションの様子

商業展示会場

 

開発中のロボット義足

開発中のロボット義足

次の第21回日本義肢装具士協会学術大会は、1年後に金沢で行われる予定です。

 今後も最新の知識の確保を行い、様々な症状をお持ちの患者様に対して最善の義肢、装具の製作を行えるよう、このような学術大会、セミナー等に積極的に参加していきたいと考えております!

 

ページトップへ戻る